読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他人のこと

世の中には他人に非常に興味を持つ人が多いなと最近思う。
ぼくは他人に興味をそこまで持たないので、そういうのを見るとすごくやりにくいなと思う。
誰がどうしてようとそんなのはよくて、とにかく仕事を片付けてうまくやればそれでいいんじゃないのだろうか。
少なくとも、興味を持つ他人という対象は、家族だったり本当に友達だったり恋人くらいでいいんじゃないのか。
「喜嶋先生の静かな生活」を読んだ。似たようなことが書いてあった。

「(略)でもね、社会の人って、みんな、そういうことを、もの凄く知りたがっているんだよ。君みたいに、構成方程式の一般形がどうのこうのって、そんなことに興味はないわけ。それよりもね、あの人とあの人はどうして仲が悪いの、どうしてあんなに仲がいいの、あの態度はどういうつもりなの、何を考えているの、なにか隠し事をしているんじゃないの、そんなことばっかり一所懸命考えて、一所懸命話し合っているんだよ。おかしいでしょう?絶対おかしいよね?」
「おかしくはないよ。興味の対象っていうのは、人それぞれ、自由だと思うし」
「そう、そうなの。それが正しい。でもね、違うの。世間の大部分の人はね、貴方みたいな数式ばかり考えている人は、頭がおかしいって思っているわけ。本当だよ。面と向かっていう人だっている。そういうのを考えるのは、人間としての心が欠けているって思っているわけ。心が書けているから、人の気持ちを察することができないって思っているわけ。だから、無差別殺人なんか起こったら、どうしてあんなことをしたんだって話し合って、結局は犯人は人間としての心がなかったって結論を出して安心するの。そういう人が大部分なんだから」
「知っているよ」
「変だよね。そうやって、試みたいな言葉を持ち出さないといけないっていうのが、もう変だよね。みんなが変なんだよ。数式を一所懸命考えている人って、みんなのことを認めているのに、人間の心がどうこうって言う人は数式を考えている人を認めないじゃない。他人を認めない人のほうが、人間として、なにか欠けているじゃない?」
「みんなではないよ。そういう人もいるかもしれないね」
「喜嶋先生の静かな生活」p.280-p.282

だからどうというわけではないけど、なんかすとんと分かった気がする。

「ダメではないよ。それが普通だと思う。好奇心っていうのは、誰にでもあるものだよ。ただ、好奇心を生かせるかどうかっていうことが大事だと僕は考えている。自分の好奇心を、人間とカ社会の役に立つことに使いたいだけだよ。せっかく生きているんだからね」
「喜嶋先生の静かな生活」p.282

大学教員内幕の小説

大学教員の書く大学生活はふだん目にしないものが多くて面白い。
個人的な好きなもの

文学部唯野教授

文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)
言わずと知れた筒井康隆の名作。フィクションだが、90年代前半の大学文学部の雰囲気が出ているらしい。ほんとなのか。
個人的にはすごく好きで何度も読んでいる。

水柿助教授シリーズ

森博嗣のフィクションなのかノンフィクションなのか怪しいシリーズ。エッセイと私小説の中間でほぼエッセイとして読んだ。*1
Mシリーズといわれているとかいないとか。
センタ試験の話、大学の二次試験の話は受験生にとってはすごく面白いかもしれない。
水柿助教授の日常までは面白かったが、逡巡あたりからいよいよ遊びの要素が増えすぎてなんだかなとなって、解脱はあまり読んでいない。
工学部・水柿助教授の解脱 The Nirvana of Dr.Mizukaki (幻冬舎文庫)
工学部・水柿助教授の日常 (幻冬舎文庫)
工学部・水柿助教授の逡巡 (幻冬舎文庫)

ヒラノ教授シリーズ

線形計画法の権威、今野浩先生の語る大学時代の話。大学の"中の世界"が見えて面白い反面、本人の「こういうことをしてきてすごいだろ」感あふれる自慢たっぷりな文章*2と、「である」で終わる個々の文章が結構目について、読みやすいのか読みにくいのかよくわからない。伏線を貼っていそうで貼ってないのがあったりとか。
2011年に「工学部ヒラノ教授」がでたときはあとがきに「文学部唯野教授になぞらえて作ってみてどうこう」みたいなはなしがあったけど、すっかりシリーズ化されたな。
工学部ヒラノ教授 (新潮文庫)
工学部ヒラノ教授と七人の天才
工学部ヒラノ教授のアメリカ武者修行 (新潮文庫)
工学部ヒラノ教授とおもいでの弁当箱
工学部ヒラノ教授の事件ファイル(新潮文庫)
ヒラノ教授の線形計画法物語

*1:といって、エッセイとして読むと、今度は森博嗣の本当のエッセイを読んでイメージが変わるから何事も話半分が重要ということを知った

*2:日比谷高校・東大・高校の同期というあたりがポイント